小児科の求人で休日を重視するなら、『4週8休』で探そう!

大人の診療科目と比較すると、小児科が担当する疾病や疾患の数はかなり多いもの。自分自身では上手にコミュニケーションが取れない年齢の子供の健康状態のわずかな変化にも鋭く気が付いて適切な判断ができる小児科の看護師は、常に神経を集中させていなければいけないキツイ仕事です。キツイ仕事でもやりがいを感じることはできますが、オンとオフのスイッチを上手に使い分けるためには、4週8休の求人のほうが、4週6休の求人よりもお勧めではないでしょうか。

 

小児科の看護師は、看護研究や研修、勉強会などたくさんのセミナーに出席しながら、知識や技術を身に着けていきます。また、忙しい時には時間外出勤もあるので、仕事が終わるといつもクタクタ、仕事がない日でもセミナーなどでクタクタということも少なくありません。体を休める時間が不足してしまうと、働く側の健康状態にとってはマイナスですよね。4週8休の求人なら、そうした時間外のセミナーに出席しながらも、プライベートな時間をきちんと確保できるのです。

 

どこの病院が4週8休なのかは、求人情報を見れば記載されていますが、転職支援サービスを利用すれば、休日の条件によって複数の仕事を検索することができるので、スピーディに探している仕事を見つけることも可能です。また、転職支援サービスに登録すると、看護師の転職を知り尽くしているプロのカウンセラーが転職活動をサポートしてくれるので、職場の雰囲気や環境など、求人には記載されていない裏情報なども教えてもらうことができます。


このページの先頭へ戻る