小児科の看護師求人は非常に少ないのが現状です

小児科で働く看護師は、ほかの診療科目と比べると患者さんとのコミュニケーションが難しいため、看護師にとってはハードルが高い診療科目と言われています。そのため、全国的に小児科で働きたいというナースの数は常に少ない傾向にあるのも事実。しかし、それほどまでに不足しているはずの小児科ナースの求人は、あちこちで見かけてもよさそうなものですが、実際には非常に少ないのが現状です。なかなか求人が出されないということも少なくありません。

 

これは、少子化が原因と考えられています。子供の数が減ったために病院における小児科のサイズも縮小され、必要なナースの数も少なくなっています。また、病院によっては小児のための診療科目をなくすことによって効率化を図るという病院もあったりするのだとか。患者さんの数が少なくなったために、そこで働く看護師のニーズもそれほど多くないということなのでしょう。

 

小児の分野で専門性を極めたい看護師なら、比較的雇用が安定している大規模な総合病院への転職がおすすめです。たくさんの看護師が働く大規模な病院では、自分のスキルにあった職務を分担できますし、先輩ナースから指導してもらうこともできるため、短期間でも経験や知識を身に着けることができます。全体的にニーズが減りつつも、世の中に子供が生まれる限りはニーズがなくなってしまうことがない小児科という診療科目。専門性を身につけたいナースにとっては、これからますます大きなやりがいを感じられる分野なのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る