未経験で小児科の看護師求人に応募する際の注意点

看護師としての経験があっても、小児科という小さな体の健康を取り扱う診療科目においては、大人の治療方針とは全く異なる方法で治療されることも少なくありません。そのため、看護師としてはベテランでも、小児科での経験がない場合には「未経験」として求人を探すことになります。子供は大人と違ってコミュニケーションが難しい部分があるため、いくら看護師として経験があっても経験者とみなされることは稀です。割と人材不足が深刻な診療科なので、未経験の人や、ブランクがある人でも積極的に受け入れている病院は多いのですが、職務内容や、その病院の特徴などをきちんと事前にリサーチし、自分が看護師として持っている知識やスキルで職務をこなせるかどうかを把握してから求人に応募したほうが良いでしょう。

 

小児科と言っても、個人経営のクリニックで行う診察内容や治療内容と、小児専門のICUであるNICUやGCUなどで働くのとでは、職務内容が全く異なります。こうした集中治療を行う設備が完備されている病院では規模も大きく、スタッフの数も多いため、未経験の看護師を雇用しても、職務の中で技術力に合わせて作業が分担されるのが一般的ですね。こうした大規模な病院は、経験がなくても短期間で知識や技術を身に着けることができるというメリットがありますが、忙しくあわただしい環境の中で働きますし、時間外労働なども多くなるので、体調を崩しやすいというデメリットもあるので気を付けたほうが良いでしょう。

 

一方、小規模な個人クリニックでは、経験のあるナースが優先的に採用される事が多いようです。未経験の人は、まずは大規模な病院で経験や知識を積んでから、規模の小さな病院への転職を目指したほうが良いですね。


このページの先頭へ戻る