小児科ならではの大変さも覚悟しておきましょう

小児科で働く看護師は、小児科ならではの大変さも理解しておかなければいけません。大人でも入院するほど体調が悪い時には、自分の体調を上手に言葉で説明できないこともありますよね。ましてや0歳〜15歳という年齢になると、自分の体調を言葉で上手に説明できないケースは珍しくありません。特に新生児の集中治療室に入っている赤ちゃんなどは、体調を説明できないどころか、言葉を発することもまだできない年齢ですよね。就学前の年齢になればある程度の会話はできても、自分の体調を表現できない患者さんもいますから、定期的に行うバイタルチェックや体調のわずかな変化にも瞬時に気づく観察力や洞察力が必要不可欠となります。

 

そうした観察力や洞察力は、看護師としての知識や経験がある程度なければ身に着けることができないスキル。未経験者にとってこの診療科目がハードルが高いというのは、そうしたコミュニケーションの難しさも原因となっているのです。

 

また、小児科で働くことは、小さな命を預かってケアするため、小さな患者さんすべてをわが子のようにいつくしみながらケアできる気持ちも必要不可欠です。小さな子供が大好きという要素は、小児科で働く看護師にとって必要不可欠となります。また、子供を心配する両親や保護者からたくさんの質問をされたりして、コミュニケーションすることも職務となります。そのため、動揺したり不安でパニックになっていたりする保護者に対しても冷静に落ち着いてもらえるようなコミュニケーション能力も求められます。小児科は大変なのです。


このページの先頭へ戻る