ブランクのある看護師が小児科に復職する場合の注意点

出産や育児などで数年間のブランクがある看護師にとっては、小児科への復職は、わが子と近い年齢の子供たちをケアする診療科だからでしょうか、人気がある職場です。未経験者やブランクのある看護師でもOKという求人なら、小児科の経験がない人でも仕事を通して子供がかかりやすい疾患や疾病を直接経験することができますし、それを自分の生活に生かすこともできますよね。そう考えると、ブランクのあるナースにとっては、小児科への復職は大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

ただし、それだけで復職先を決めてしまうと復職してから後悔することにもなりかねません。ブランクがあったり未経験であったりする看護師にとっては、平日の日勤のみの外来専門クリニックへの復職は簡単ではありませんから、シフト勤務で夜勤なども行う大規模な病院への転職が一般的になります。キャリアを目指して頑張るという人なら、プライベートな部分で多少の犠牲が出てしまうのも我慢できることもありますが、プライベートと仕事を両立させたい人にとっては、大規模な病院はかなりハードルが高い職場と言えるのではないでしょうか。両立を考えている人が条件を妥協してしまって大規模な病院で働くことにしてしまうと、後悔してしまうことすら考えられます。ブランクがあるからといって条件を譲らないように求人を探すことが大切です。

 

小児科では、大人なら内科や外科、整形外科に分類されるような疾病や疾患でも、小児という分類わけで小児科が担当します。そのため、看護師として幅広い知識や技術、観察力が常に求められるだけでなく、自分ではコミュニケーションが上手に取れない子供のわずかな健康状態の変化にもシャープに気が付く洞察力なども必要となります。


このページの先頭へ戻る