小児科の看護師求人に応募する前に〜転職先の平均年齢は聞いておこう〜

小児科といっても、その病院によって取り扱う職務の幅はとても広く、自分が考えているような職務よりもはるかにハイレベルな看護を行う職場だったりすることもあります。転職した後に、自分の持っている経験や知識、スキルでは何の役にも立たないと後悔してしまうよりも、自分の持っているスキルでも十分に働ける職場なのかどうかを知るためのリサーチは、転職前にぜひしておきたいですね。

 

職場によってどのぐらいのスキルや知識が求められているのかをチェックする方法はいくつかの方法があります。比較的簡単にできるのが、そこで働いている看護師の平均年齢をチェックするという方法。平均年齢が高い職場なら、その小児科で働く看護師のレベルもかなりハイレベルであることが想定できますし、平均年齢が低い場合には、新米看護師や未経験者も多く働いているような職場だと言えるでしょう。ナースの数などもチェックしながら、求人募集には記載されていない情報を読み取る洞察力を持っておくことも、転職活動においては役に立ちますね。

 

小児科の看護師求人は、比較的たくさんの病院から出されています。個人経営のクリニックでは働くナースの数も少ないため、一人一人のナースに求められる知識や技術、そして責任が大きくなります。経験者ならこうした職場もおすすめです。しかし、未経験者やブランクがあったりして自分のスキルに自信がない場合には、まずは大勢のナースが同じ職場で働いている大規模な病院へ転職し、スキルを磨くことに専念するのも良いでしょう。


このページの先頭へ戻る