小児科の看護師求人に応募する際の注意点

0歳児から15歳までの小さな子供たちを取り扱う小児科では、大人なら複数の診療科目で取り扱っているような疾病でも、「小児」という分類で小児科の管轄となるため、幅広い疾病や疾患の知識が必要となります。小さな子供が好きな人にとっては、大きなやりがいを感じることができる診療科目ですが、命にもかかわる疾患や疾病を取り扱うことも多いため、ナースとしての知識や経験はもちろん、ちょっとした健康状態の変化にも鋭く気づける勘が求められる診療科と言えるでしょう。

 

小児科の看護師は、ほかの診療科と比べると不足する傾向が強いため、求人もあらゆるところで募集されていることが多いです。転職支援サービスでもたくさんの求人がありますし、ハローワークでは随時募集されているお仕事もあったりします。求人を見つけて転職先に応募する際には、転職してから後悔することがないように、あらかじめどんな職場環境なのか、病床数や勤務形態、お給料などの待遇面はきちんとリサーチしたほうが良いでしょう。場合によっては、ICUのような専門的で特殊な環境で働くケースもあります。自分がそれまで看護師として培ってきた経験や知識、技術では全く職務をこなせないのでは困りますよね。自分が持っている技術や知識、スキルにあった職場を見つけることが、転職に成功するための秘訣と言えるでしょう。

 

転職支援サービスを活用すると、複数の求人を比較できますし、担当するカウンセラーが職場の環境や職務内容などについて情報収集してくれるケースもあります。満足度が高い転職のきっかけになるでしょう。

小児科の看護師求人を探す時は、紹介サービスを有効に活用しよう!

比較的たくさんの病院から求人募集が出されている小児科。そこで働きたいという看護師は、小児科での経験があれば優遇してもらうことができますし、未経験だったりブランクがあったりする場合でも、職務内容や病院の規模によっては受け入れ可能なケースも少なくありません。小児科の看護師は割と不足している傾向にあるため、研修やセミナーなどを積極的に開催することで、復職看護師をサポートしようという病院も存在しています。どの病院の小児科が看護師にとって働きやすいかを知るためには、転職支援サービスなどの紹介サービスを利用するのがおすすめです。

 

転職支援サービスに登録すると、ナースの転職に精通しているプロのカウンセラーが担当し、転職活動を二人三脚でサポートしてくれます。カウンセラーは地域の病院の職場環境などを把握しているので、自分が希望している条件に合った病院を的確に見つけて紹介してくれるというメリットもあります。実際に転職してから失敗したと後悔するよりも、最初にできるだけリサーチしてから転職したほうが、満足度が高くなることは言うまでもありませんよね。転職支援サービスなら、そんな満足できる転職が可能です。

 

どこの病院でどんな求人が出ているか、転職支援サービスを利用すれば、最新の求人情報をリアルタイムでチェックすることができます。希望の条件でお仕事を絞り込むこともできますし、条件が良いお仕事を見つけたらすぐに応募することも可能。絶好のチャンスも逃しません!

小児科病棟と小児クリニックは働き方が違う!

小児科で働く際には、病棟勤務とクリニック勤務という2つが主にあります。
これら2つは、子どもを対象にする点は同じでも、看護師の働き方は大きく変わってきます。
特に、病棟勤務に疲れたからといって、安易な理由で小児クリニックに転職してしまう看護師は多いですが、まだ20代ならば、将来のことを見据えて選択すべきです。

 

自分が「どういう看護をしていきたいのか」「今、重視したいことは何か」を考えて求人を探すとうまくいきやすいです。
待遇や給与はその次ですね。

 

※参照:小児科病棟 看護師の業務内容と求められること


このページの先頭へ戻る